結婚=女の幸せ?

現在の日本において、結婚=幸せと考える女性はどれほどいるのでしょうか。そもそも女の幸せとは何なのかということが重要になりますよね。一般的に考えるとやはり愛する男性と巡り合わない限りできませんので、運命的に巡り会い、そして家族という絆で結ばれた揺るぎない味方が得られるということは大変な幸せであることに間違いはないでしょう。さらに愛する人との間に子供を授かることは女性にとっては最高の喜びであり幸せであることも想像できます。しかしながら結婚や子育てはそんなに単純なものではないのも事実です。
まず旦那様の家族との新たなお付き合いに始まり、子どもに恵まれた場合は出産や子育ての様々な苦労もあるでしょう。また、仕事を続ける女性にとっては仕事と育児や家事との両立の大変さもあるかもしれません。もしかしたら子供を授からないことも考えられます。
それらの多くの良い面と、少しの面倒や厄介と思われることを総合して考えた時に良い面が勝った女性にとっては結婚はやはり女性にとっての幸せであるという結論になるのでしょう。また、そうではなく煩わしいことに振り回されずにあくまでも一人で充実した生活を優先したい人にとっては女の幸せとは言えないのではないでしょうか。

お役立ちサイト

少人数の結婚式を神戸

 

結婚について知ろう

生涯の伴侶とともに新しい家庭を築く人生の新たな門出が結婚です。単に男女が一緒に暮らすだけと簡単に考えている方も多いかもしれません。しかし単なる同棲とは大きく違う、一生を添い遂げる覚悟が必要なのです。
今では昔ほどではありませんが、日本ではまだまだ結婚は家と家という形をとります。これは披露宴などを見てみるとよくわかることです。というのは会場の案内などで、何々家と案内があるはずです。そういったことからも家同士のものという認識がうかがえるはずです。とは言え今では女性が家庭に入って専業主婦をするのが当然という風潮はなくなり、共働きをする夫婦が増えました。それに伴って家事も分担する夫婦が多いのですが、ここで問題が育児です。妊娠、出産が出来るのは女性だけということもあってか、育児に関してはどうしても女性に負担がかかりがちです。最近では育児も行う育メンなるものも登場していますが、まだまだ育児に対する男性の関わりは低いのが実情です。
結婚とは前述のように新しい家庭を築くための重要な儀式です。いつまでもずるずると同棲しているカップルもいますが、それではどちらかに何かあった時、保険金の受取人にはなれないのです。お互いを大事に思うなら籍を入れるべきなのはこういった事情もあってのことなのです。